子どもが小学生になったら

初めての自分だけの場所

学習机

子どもが小学生になったら、大抵の家庭は学習机の購入を検討されると思います。
学習机はランドセルとは違い、小学校6年間だけではなく、それからの人生でもずっと使う子も少ないはない物です。
長く使える学習机を選ぶためには、いくつかのポイントがあります。
まずは、学習机を置く部屋の広さを測りましょう。
そしてその上でどこに設置するかを決めます。
その際に、たとえばリビングに置くのであれば、コンパクトな設計のものがオススメです。
リビングではなく、子供部屋などに置くのであれば、少し大きなものでも大丈夫です。
学習机は、棚にキャスターが付いているものを選ぶと、足元のスペースを自由に確保出来て便利です。
また、棚を自由自在に動かすことが出来るので、棚にはフックがあると便利です。
小学生の間であれば、書道道具や裁縫道具、さらにはピアニカといった少しかさばるものを掛けることが出来ますし、もっと大きくなってくると、そのフックに、子どもの好きなものを掛けることも出来るからです。
それゆえに、棚にキャスターが付いているもので、なおかつそこにフックが付いた学習机を選ばれる方は多いです。
学習机には、様々な種類があります。
リビング向きのコンパクトなタイプであれば、シンプルな木目調のものが多いですが、子ども部屋に置く少し大振りなタイプですと、男の子向けのかっこいいデザインから女の子向けのファンシーなデザインまで様々なものが揃っています。
学習机というのは、子どもにとって、初めて手に入れる自分だけのスペースです。
子どもが楽しく、自主的に勉強が出来るような学習机を一緒に選んであげましょう。

確認するべき基準とは

女の子

近年の傾向として、リビングルームで子供に学習をさせる世帯が増えていることが指摘されています。
しかし、子供に毎日机に向かって学習するという習慣を付ける時には、学習机で学んだ方がいいのです。
しかし、子供の学習環境として適した学習机でないと、集中力を高めることができません。
小学校に入学した時期から、しっかり集中して勉強できるようにしないと将来の学力アップにも影響を与えてしまいます。
学習机選びをする際にまず確認しておくべき点は、机の耐久性です。
小学校入学時に学習机を買い与えることになりますが、少なくとも高校卒業くらいまで同じ机で勉強できるくらい、丈夫に作られているものを選んでおくといいでしょう。
木材やメーカー名に注目することも大事ですが、シックハウス症候群対策が出来ているかも大事です。
子供の成長に合わせて無理なく学習机を使えるように、高さ調節機能は必要不可欠だと言えます。
調節の仕方も簡単な方がいいでしょう。
子供が机に手を置いた際に、ひじの角度が90度の直角になるかが調節の目安です。
この角度だと勉強中の子供にとって、ノートや教材と目の距離が最適になります。
棚がセットになったタイプの学習机だと、低学年のうちはおもちゃなどを置く場所になりがちです。
おもちゃや雑誌などを置いておくスペースがあると、勉強がおろそかになる恐れもあります。
シンプルな学習机にするか、可動式の棚付きの机にして、子供の成長に合わせて設置するようにできる方がいいでしょう。

比較検討しよう

鉛筆を持つ子供

子どもの勉強のために利用される学習机は、入学式の時期になるとお店にも多く並ぶようになります。
文具のような消耗品ではなく、成長しても使い続けていくことになる学習机だからこそ、購入する際は慎重に選びたいものです。
現在はインターネットの普及によってネット通販での購入も可能となった学習机ですが、ブランドや機能性、材質など様々で購入時に悩むことも多いでしょう。
特に気になるのは決して安くない価格の部分ですが、そのために、ショップを渡り歩いて慎重に選ぶ人も少なくないはずです。
また、百貨店にも学習机は並んでおり、どちらで購入すれば良いか悩ましい問題だと言えます。
まず、学習机の販売は家具専門店、または百貨店が取り扱っており、それぞれがインターネットでの販売も行っているという状態です。
取り扱っているメーカーなどはほとんど同じで、販売価格もそれほど差のあるものではありません。
しかし、販売時のサービス内容などについてはお店ごとに違っているので、どこで購入すればお得になるかをしっかりと見極めるようにしましょう。
同じ販売価格であっても、学習机は非常に重いもので組み立てが基本となっています。
お店はこの際に配送にかかる費用を自社負担にしたり、専門スタッフを用意して無料で組み立ててくれたりします。
また、学習机に必要なライトスタンドやデスクマットなどの小物がオプションで付いていることもあり、購入時はそれぞれの内容を比較して検討することが大切になります。

子供の将来のために

学習机

学習机は子供たちにとっては必須のアイテムです。できるだけ長く学習机と付き合うためには、良いものを選ぶ必要があります。現在では材質が天然のものやデザインに凝ったもの、デスクが分割するものなどが人気を集めています。

もっと読む

子供から大人まで使える

男の子

小さな子供から社会人まで様々な人が学習机を使う機会が多く、そのため学習机は成長過程に合わせて一貫して使えるものが人気を博しています。デザイン性も高くシンプルなものや、組み立てや分解が可能な機能性の高いものが人気です。

もっと読む

子どもが小学生になったら

学習机

学習机は、子どもが小学生になった時に、大抵の家庭で購入を検討する大型家具です。置き場所によって、おすすめの大きさやデザインなどがあります。それで一番大切なことは、使用者である子ども本人が、楽しんで自主的に勉強を行える空間であるかどうか、ということに尽きます。

もっと読む